太陽光発電システムの概要

太陽光発電システムというと、住宅の屋根に設置するパネル(モジュール)をイメージしますが、実際に電力を発電してから家庭内で使用したり、余剰電力として売電するためには多くの機器が必要になります。基本的な、太陽光発電システムの構成は「太陽光発電モジュール」「モジュール設置用架台」「接続箱」「パワーコンディショナー」があり、オプションとして室内で発電量を確認するための「モニター」で構成される場合が多いと思います。

「太陽光発電モジュール」は、住宅の屋根に設置されるパネルのことで、太陽からの光を電力に変換するためのセルが組み込まれたものになります。次に「モジュール設置用架台」とは、太陽光発電モジュールを屋根に取り付けるための専用金具で、安全に設置するためには欠かせないパーツになります。また「接続箱」は、太陽光モジュールにある複数の配線を一つにまとめるためのボックスで、住宅の外部に設置されます。接続箱でまとめられた配線は、室内の「パワーコンディショナー」へと接続されますが、ここで発電された直流電流を、家庭内の電気製品が使用できるために交流電力に変換されます。

つまり、住宅の屋根にある太陽光発電モジュールによって発電された直流電気は、接続箱で一か所に集まり、室内へと送られます。室内のパワーコンディショナーによって、家庭で使用できる形の電力に変換されることになります。

このシステム全体の発電状況を視覚的に把握するための機器が「モニター」で、リアルタイムの発電量や、余剰電力の買電量なども表示されます

また、通常の電力会社から購入する電力とは別で管理する必要がありますので、太陽光発電システム専用の「ブレーカー」や「電力メーター」なども設置されることになります。

システム全体の発電効率を左右するのは、実際に電力を生み出す「太陽光発電モジュール」と、電力を変換する「パワーコンディショナー」になります。太陽光発電モジュールが性能に影響するのは容易に理解できますが、パワーコンディショナーの方は理解しにくいと思います。パワーコンディショナーは直流電流を交流電流に変換する装置ですが、変換するときの「変換ロス」が必ず生じます。この変換ロスが少なければ少ないほど、発電した電力を有効に使うことができることになります。したがって、見積もりなどをチェックするときには、太陽光発電モジュールの性能とパワーコンディショナーの変換効率に注目するといいでしょう。

太陽光発電見積りサイトをランキングでご紹介!

タイナビ
パネイル
グリーンエネルギーナビ