太陽光発電システムで電気を売ろう!

2009年11月から余剰電力の買い取り制度がスタートしたのをきっかけに、太陽光発電システムへの注目は一気に高まることになりました。

このことにより、住宅の太陽光発電システムによって発電された電力のうち使用されなかった電力(余剰電力)を電力会社に買い取ってもらうことができるようになりました。このような電力会社から供給されている一般の電力とは別に、余剰電力を電力会社に供給する仕組みを「系統連係」といい、太陽光発電システムの経済的なメリットを考える上で重要なポイントになります。

通常、家庭で使用される電力は1kw当たり24円前後で購入しているケースが多いと思いますが、系統連係により売電するときには、1kw当たり42円で販売することができます。

購入するときと販売するときとで、ずいぶんと価格差があるように感じますが、これは政府による太陽光発電システムを普及させるための政策によるもので、太陽光発電の普及に従って買い取り価格は次第に下がってきます。2009年の買取り制度の開始当初は、1kw当たり48円で、現在よりも高い価格で買い取りを行っていたことからも、太陽光発電の普及具合いが分かると思います。

また、電力会社との契約当時の価格が10年間固定される、いわゆる「固定価格買い取り制度」というものがあります。これにより、近い将来1kw当たり42円から買い取り価格が下がることが予想されますが、それにもかかわらず、太陽光発電システム設置から10年間は1kw当たり42円で継続して買い取りをしてくれることになります。

これらの数値からも分かるように、「賢く電気を売るためには、自分で使う電気は電力会社から買い、発電した電気はなるべく電力会社に買い取ってもらった方が経済的なメリットが大きい」ことが分かります。分かりやすく説明すると、家庭にあるテレビなどの電気製品を動かすための電気は、電力会社から購入したものでも、太陽光発電によって発電したものでも動かすことができます。しかし、単価42円で販売することができる余剰電力を家庭内の電気製品で使ってしまうよりは、電力会社から購入できる単価24円の安い電力を使った方がお得なことが分かると思います。

このため、電力の販売に熱心なユーザーの間では、日中の太陽光発電が電力を作っている間は、なるべく外出するようにして電力を使わないような生活にシフトしている、と言われています。

太陽光発電見積りサイトをランキングでご紹介!

タイナビ
パネイル
グリーンエネルギーナビ